« GO TO 事件 | Main | 屋形船 »

雪の年末・年始

はい、年末は実家のある浜松に帰りました。
主人も私も高校の同級、里帰りは一緒に済むので便利です。

ということで、2/29、15:30の新幹線を押さえておきました。
ちょっぴりおとくな「ぷらっとこだま」で。

主人は開発系、忙しい職場なので、最終日(2/28)はいつも以上の残業(AM3:00)くらいは覚悟しておりましたが・・・。
3:00を過ぎても連絡なし。
結局は徹夜でのお仕事。

朝には雪も降り出し、帰省には最悪な状況。
実際に主人が帰ってきたのは、13:00過ぎ。
どうも、仮眠もとっていない模様。
それでも、鬼のように支度をさせて、ぎりぎり電車に飛び乗りました。

実家では、主人の実家に挨拶にいったり、主人方の毎年の行事である餅つきに参加したり、久方ぶりに高校の友人にあったりとあわただしくすごす。

で、1/1は、私の父と母が、母方の実家のある横浜に車で行くことになっているので、それに便乗して帰ることになってました。(これも、毎年のこと)

ところが、12/31に首都圏が大雪。
そのおかげで、12/31の夕方以降、東名高速道路が沼津-東京間が通行止め。
帰省時も雪で大変だったにもかかわらず、東京戻るときまで雪で足止め。

まぁ、朝起きるころには通行止めは解除されているだろうと思いながら就寝し、翌朝7時に起きましたが。
まったく解除されてないじゃないですか!

今年はじめの家族会議を開き、「いける状態になったら即出れるようにしておく。(ただし、天皇杯は絶対見る By父)」
ということで、いつでも出発できる準備はしておき、私は10分置きに日本道路公団のHPで道路状況をCheckする。
しかーし、正午になっても解除されず。
結局、解除されたのは正午過ぎ。

天皇杯を見てからの出発となったため、横浜についたのは20:00頃になりました。
ホントは、お昼についてるはずだったのに~。
結局、自宅に帰れたのは24:00。
しかも、武蔵野は道路凍結して歩くのこわーーーーーい。
さらに、ジュビロも負けてこころも寒い。

おばあちゃんにお年玉をもらえたのだけが、せめてもの救いだったこの正月。
もう、雪は簡便だよ(>_<)

|

« GO TO 事件 | Main | 屋形船 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16061/2593232

Listed below are links to weblogs that reference 雪の年末・年始:

« GO TO 事件 | Main | 屋形船 »