« 地震の報道 | Main | makuro »

新潟中越地震について

先日、記事にした新潟中越地震およびマスコミの対応についてですが、このたび、以下のような記事を見つけました。

私は(以前の職業の余韻もあり)ネットの情報はそんなに信頼していません。
いくら理にかなっていて、正しく見える意見であっても、出所がはっきりしないかぎり「ウソ」「デマ」である可能性もそれなりにあると思ってます。

ただ、下の記事を読んで、自分なりに「十分ありうる」ことだと思ったので、記載させていただきます。


※10/26時点での情報です。
 現時点では情報が変わっている可能性もあります。
 現状、必要な物資等については、下記をご参照いただければと思います。
 念のため、当記事の中では、「26日の時点で必要だった物資」等については打ち消し線を引いておきます。

★新潟県災害対策本部
http://www.pref.niigata.jp/content/jishin/suitou/bussi.html

★新潟県災害救援ボランティア本部
http://www.nponiigata.jp/jishin/
 
******************************************************************************
信頼している友人からの叫びの声です・・・

10/26 15:00の電話、
小千谷市役所、小学校での救援物資の配給や、炊き出しなどを手伝っています。

現場はまだまだ混乱しているし、人出も足りていません。

そんな状況下で、マスコミの取材陣が50人近く現場付近を陣取っています。
小千谷市役所の正面に車を止めて、そのために、救援物資を運ぶトラックは、遠くに止めることしかできず、ボランティアの人たちがせっせと現場に物資を運んでいます。

報道陣は、それを手伝う気配すらありません。

心労と肉体的疲労が積もっている被災者のかたがたに、当然のようにマイクを向け、24時間カメラをまわし続ける神経もさっぱり理解できません。

現地では今、「大人用の紙おむつ」が不足しています。「赤ちゃん用おの紙おむつ」は足りています。

あとは、トイレが使えなかったり、下着を替えられなかったりするので「パンティライナー」があると重宝しますが、こちらではもう品切れで手に入りません。

P&G・花王・ネピアなどの紙おむつメーカーに電話をして、現状を伝えてください。


夜の寒さが厳しいです。お年寄りは使い捨てカイロをもむことすらできないので、「貼るカイロ」が必要です。

マスコミの仕事は、こういった情報を伝えることだと思うのですが?

今日は、小千谷小学校に小泉首相が来るということで、マスコミ報道人の数はさらにふくれあがり、毛布の配給ができないので、小泉さんが返るまで待つように」という連絡が入りました。

何のための視察なんでしょう??

午前中にも、数名の政治家さんが小学校に来ましたが、トイレはどこかとたずねられ、仮設トイレを案内したところ、「わたしに仮設トイレを案内するつもりかね?」と言われたそうです。

いったいこの国は、どうなっているんでしょう…

現地では、大人用の紙おむつと、パンティライナー、貼るタイプのカイロを必要としています。

これらの商品を販売している企業の「お客様相談室」宛てにメールを送ったり、電話をかけたりして、「小千谷市の被災者が求めているもの情報」を、伝えてください。
あなたのblogやHPの中で、ただ伝えるだけでかまいません。

皆さんの声が企業を。行政を動かします。

マスコミはたよりになりません。

マスコミへは、支援活動の妨げとなり、被災者の心労を倍増させる今の取材のやり方に、抗議の声をあげてください。


小千谷市にも、続々と個人の方からの救援物資が届いています。ありがとうございます。

しかし、それを種類別に分けて、配布する人出がありませんので、以下の点に注意して送っていただけると大変助かります。

段ボールには、外側に「毛布」「洋服」「下着」など、中身を大きく書いてもらえると助かります。

くつした1足、下着1枚でもうれしいのですが、できれば、ご近所の方と声かけしあって、ある程度まとまった数があると、とても助かります。

送り先の住所はこちらです。

〒947-8501 新潟県小千谷市城内2-7-5
小千谷市役所 宛

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

******************************************************************************


ちなみに、「みんなで支援しましょう」と呼びかけるつもりはありません<ぉぃ
支援は、人に言われてやるだとかそういったことではなく、その人に由るものだと思ってますから。
ただ、実情(おそらく)を知ることは大事だと思います。

なお、支援をしたいと思ってらっしゃる場合ですが、物資、特に毛布やタオル、衣類などを送る場合には、「家にある使い古し」ではなく、「新品」を送ってあげてください。
例えば洋服など、中古のものを平気で着れる人もいれば、古着はダメ…って方もいらっしゃいます。中古であるが為に、かえって「みじめな思い」になる被災者の方もいらっしゃる可能性がある、ってことも考えられます。ただでさえ心を痛めてらっしゃるので、余計な痛みは増やしたくないですしね。
一番無難なのは、無情に見えるかもしれないけれど、やっぱりお金なんでしょうね。

でも、詐欺には十分注意してください(^_^;)
こんなときに詐欺を働く人がいること自体が本当に悲しいですが…。


あ、あと、被災者は、今の時点でも心を痛めていらっしゃいますが、ある程度復旧して、「日常」が戻ってきたときに、震災の恐怖に改めて脅かされるそうです。
(阪神淡路大震災の被災者の方から聞きました)
個人差もあるでしょうが。

今は、今後の生活を考えたりすることで精一杯ですが、日常を取り戻し、ちょっと余裕が出てきたときに、「怖さ」に怯えるんだとか。

だから被災者の方に対しては、落ち着いてきたときこそスキンシップを取るんだとか、そういったケアが必要になってくるかもしれません。マッサージをしてあげるとか、話を聞いてあげるとか、方法はいろいろあります。
ですので、もし、被災者にお知り合いの方がいらっしゃったりする場合には、この点をちょっと頭に入れておくといいかもしれませんね。


残念ながらマスコミの対応も悲しいものがあるようです。
マスコミ情報を鵜呑みにするのも危険かも知れないですね。
私もこういった震災を体験したことがないので、知らないこともいっぱいあります。
できればマスコミも、見世物的なニュースではなく、もっともっと必要な情報を流していただきたいものです。

|

« 地震の報道 | Main | makuro »

Comments

The comments to this entry are closed.