« May 2004 | Main | September 2018 »

新潟中越地震について

先日、記事にした新潟中越地震およびマスコミの対応についてですが、このたび、以下のような記事を見つけました。

私は(以前の職業の余韻もあり)ネットの情報はそんなに信頼していません。
いくら理にかなっていて、正しく見える意見であっても、出所がはっきりしないかぎり「ウソ」「デマ」である可能性もそれなりにあると思ってます。

ただ、下の記事を読んで、自分なりに「十分ありうる」ことだと思ったので、記載させていただきます。


※10/26時点での情報です。
 現時点では情報が変わっている可能性もあります。
 現状、必要な物資等については、下記をご参照いただければと思います。
 念のため、当記事の中では、「26日の時点で必要だった物資」等については打ち消し線を引いておきます。

★新潟県災害対策本部
http://www.pref.niigata.jp/content/jishin/suitou/bussi.html

★新潟県災害救援ボランティア本部
http://www.nponiigata.jp/jishin/
 
******************************************************************************
信頼している友人からの叫びの声です・・・

10/26 15:00の電話、
小千谷市役所、小学校での救援物資の配給や、炊き出しなどを手伝っています。

現場はまだまだ混乱しているし、人出も足りていません。

そんな状況下で、マスコミの取材陣が50人近く現場付近を陣取っています。
小千谷市役所の正面に車を止めて、そのために、救援物資を運ぶトラックは、遠くに止めることしかできず、ボランティアの人たちがせっせと現場に物資を運んでいます。

報道陣は、それを手伝う気配すらありません。

心労と肉体的疲労が積もっている被災者のかたがたに、当然のようにマイクを向け、24時間カメラをまわし続ける神経もさっぱり理解できません。

現地では今、「大人用の紙おむつ」が不足しています。「赤ちゃん用おの紙おむつ」は足りています。

あとは、トイレが使えなかったり、下着を替えられなかったりするので「パンティライナー」があると重宝しますが、こちらではもう品切れで手に入りません。

P&G・花王・ネピアなどの紙おむつメーカーに電話をして、現状を伝えてください。


夜の寒さが厳しいです。お年寄りは使い捨てカイロをもむことすらできないので、「貼るカイロ」が必要です。

マスコミの仕事は、こういった情報を伝えることだと思うのですが?

今日は、小千谷小学校に小泉首相が来るということで、マスコミ報道人の数はさらにふくれあがり、毛布の配給ができないので、小泉さんが返るまで待つように」という連絡が入りました。

何のための視察なんでしょう??

午前中にも、数名の政治家さんが小学校に来ましたが、トイレはどこかとたずねられ、仮設トイレを案内したところ、「わたしに仮設トイレを案内するつもりかね?」と言われたそうです。

いったいこの国は、どうなっているんでしょう…

現地では、大人用の紙おむつと、パンティライナー、貼るタイプのカイロを必要としています。

これらの商品を販売している企業の「お客様相談室」宛てにメールを送ったり、電話をかけたりして、「小千谷市の被災者が求めているもの情報」を、伝えてください。
あなたのblogやHPの中で、ただ伝えるだけでかまいません。

皆さんの声が企業を。行政を動かします。

マスコミはたよりになりません。

マスコミへは、支援活動の妨げとなり、被災者の心労を倍増させる今の取材のやり方に、抗議の声をあげてください。


小千谷市にも、続々と個人の方からの救援物資が届いています。ありがとうございます。

しかし、それを種類別に分けて、配布する人出がありませんので、以下の点に注意して送っていただけると大変助かります。

段ボールには、外側に「毛布」「洋服」「下着」など、中身を大きく書いてもらえると助かります。

くつした1足、下着1枚でもうれしいのですが、できれば、ご近所の方と声かけしあって、ある程度まとまった数があると、とても助かります。

送り先の住所はこちらです。

〒947-8501 新潟県小千谷市城内2-7-5
小千谷市役所 宛

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

******************************************************************************


ちなみに、「みんなで支援しましょう」と呼びかけるつもりはありません<ぉぃ
支援は、人に言われてやるだとかそういったことではなく、その人に由るものだと思ってますから。
ただ、実情(おそらく)を知ることは大事だと思います。

なお、支援をしたいと思ってらっしゃる場合ですが、物資、特に毛布やタオル、衣類などを送る場合には、「家にある使い古し」ではなく、「新品」を送ってあげてください。
例えば洋服など、中古のものを平気で着れる人もいれば、古着はダメ…って方もいらっしゃいます。中古であるが為に、かえって「みじめな思い」になる被災者の方もいらっしゃる可能性がある、ってことも考えられます。ただでさえ心を痛めてらっしゃるので、余計な痛みは増やしたくないですしね。
一番無難なのは、無情に見えるかもしれないけれど、やっぱりお金なんでしょうね。

でも、詐欺には十分注意してください(^_^;)
こんなときに詐欺を働く人がいること自体が本当に悲しいですが…。


あ、あと、被災者は、今の時点でも心を痛めていらっしゃいますが、ある程度復旧して、「日常」が戻ってきたときに、震災の恐怖に改めて脅かされるそうです。
(阪神淡路大震災の被災者の方から聞きました)
個人差もあるでしょうが。

今は、今後の生活を考えたりすることで精一杯ですが、日常を取り戻し、ちょっと余裕が出てきたときに、「怖さ」に怯えるんだとか。

だから被災者の方に対しては、落ち着いてきたときこそスキンシップを取るんだとか、そういったケアが必要になってくるかもしれません。マッサージをしてあげるとか、話を聞いてあげるとか、方法はいろいろあります。
ですので、もし、被災者にお知り合いの方がいらっしゃったりする場合には、この点をちょっと頭に入れておくといいかもしれませんね。


残念ながらマスコミの対応も悲しいものがあるようです。
マスコミ情報を鵜呑みにするのも危険かも知れないですね。
私もこういった震災を体験したことがないので、知らないこともいっぱいあります。
できればマスコミも、見世物的なニュースではなく、もっともっと必要な情報を流していただきたいものです。

| | Comments (0)

地震の報道

新潟中越地震に対する報道(主にTV)を見ていると、なんだか憤りを感じる。

今まではなんとなくの不信感だったからわざわざBlogにも書くまい、と思ってたんだけど、あの、崖崩れの中、親子を救出した報道で、「不快感」が「憤り」にまで変わった。

どうして、本当に辛い思いをされているご主人を取り囲んでマイクを向ける、なんて行為ができるんだろう。
どうして、ちいさな声も大きな手がかりとなるような救出現場の真上にヘリを飛ばせるんだろう。
どうして、急いで病院に運ばれた奇跡的に救出された子を取り囲み、フラッシュをたきまくることができるんだろう。

昼からずーーーーっと救出現場を移し続けているのは異常な印象を受けました。
確かに、日本中が救出されることを心待ちにしていました。
でも、マスコミの報道については、なんだか「見世物的」に見えました。
安否がわかれば知りたいって気持ちは持っているけれど、救出されれば心からよかったと思うけれど、言葉は悪いけれど一般の人についてはそれだけのこと。
ニュースや速報で流していただければいいだけのことなのです。

ましてや、通夜がどうなってるかなんて、私達は知る必要はないんです。
身内や関係者だけが知っていればいいこと。
なのに、なんでニュースや新聞などで通夜の映像が放映されるんでしょうか?
そっとしておいてあげてください。
通夜までマスコミに取り囲まれるなんて、とてもじゃないけどいたたまれません。

マスコミは、避難場所で過ごされている方の映像を流して「現地では、物資だけじゃなくてプライバシーがないことも問題です」なんて言っているけど。
そんなこと言うのであれば、今流しているその映像、うつっている人すべてに
「今からTVにここを写すんですが、いいですか?」って許可取ってるんでしょうね。もしくは、一人一人に出演料を渡してるとか。
全国区に映像を報道するほうが、よっぽどプライバシーの侵害なはず。

こういうことがあると、私、貧相な想像力ながらも、いろいろ想像するんですよ。
例えば、
------------
・芸能人に車で跳ねられたが、幸い軽い怪我で済んだ
 → でも、病院に行ったら、どこから嗅ぎつけたのかマスコミの山ができてる。
------------

軽く跳ねられた、軽い怪我の時ですら、この状況はかなり辛いと思います。
4日近く、過酷な状況に耐えた子供に対してこの仕打ちはないでしょう。

例えば、
------------
・授乳が必要な子供を抱えたまま、避難所で過ごすとする。
 →プライバシーがなく、その場で授乳をしなきゃいけなくなったら本当に辛いと思う。
  →でも、例えば避難所で過ごすうちの50人に授乳を見られるのと、授乳している際にマスコミがその現場を含む映像を放映したら・・・(もちろん、放映されたからと言って避難所の人に見られないわけではない)
------------
プライバシーを最も侵されているのはどのパターンか。

何が不足しているのか。
では、具体的に私達はどういった支援ができるのか。
他に報道すべきことはいっぱいあるはずなんです。
どうか、マスコミが被災者の方の「二次災害」にはならないであげてください。


| | Comments (0)

女だらけのBBQ大会

旧職場メンバーと若洲でバーベキュー。
10日くらい前に皆にメールで声かけたら、14名が大集合。
ちょっぴり急なお声がけであったにもかかわらず、思った以上の参加者。
(4名は仕事のため不参加。残念。)

以前の職場、業務内容的にはけっこう厳しいこともあったんだけどね~。
仕事辞めて1年以上経つんだけど、ちょっと声掛けしただけでコレだけの人数が集まっちゃうってことは、やっぱり人間関係には恵まれてたんだな~。

正直な話、あそこまで(イイ意味で)馬鹿になれるのは、あの職場メンバーならではなのですよ。
なんて思っていたら、他の人もそうらしい。
まぁ、あのノリは、そうなかなかないでしょう(^_^;)

ちょっぴり寒さには参ったものの、ノリと勢いだけで(ぉぃ)乗り切り。
真昼間から堂々と酒を飲み、小学生の遠足のごとくはしゃぎ、ここぞとばかりに食べまくる。
肉は、鶏・豚・牛を網羅。(ジンギスカンもアリ)
酒は、ソフトドリンクはもちろん、ビール各種、サワー、梅酒、焼酎、ワイン、おまけに梅干まで・・・。

豚汁、おいしゅうございました。
1Kgの業務用もやし、ビックリしました。
15玉の焼きそば、参りました。
まさか、BBQで枝豆まで出てくるとは思ってませんでした。

帰り際、のどが痛くて「きっと煙にやられたんだろうなぁ」なんて思ってたけれど。
案外、しゃべりすぎの線が有力でございます。

次は、保養所ツアーか、屋形船か。はたまた通常飲みか。
既に、次の集まりが楽しみです♪

今回の幹事様。
場所の予約から始まり、機器のレンタル、必要品の買出し、食材の準備、当日の準備や仕切りまで、ホントーにありがとうございました~。
とてもきめ細やかな準備のおかげで、足りないものなし、痒いところにも手が届くBBQでした。
感謝、感謝です♪
おかげさまで、本当に楽しかったよー。


| | Comments (2)

« May 2004 | Main | September 2018 »