« August 2004 | Main | October 2004 »

台風一過

心理学講座の体験ゼミの日。
体験ゼミは、戦場なのです。

なんてったって、心理ゼミ初体験の人が、狭い会場に150名集まるわけですから。
東京校ではそれなりに、工夫しながら上手く運ぶようにはしているのですが、それでも大変なのには変わりなく・・・。

で、準備完了後、私は受付をすることになったんですが。
ヤバイことに、今日は、昔同じ職場だった友人が来る・・・。

心理ゼミでは、おとなしめなキャラなのですよ。
「うるさい人」とは思われてない。(はず)

が、以前の職場を退職したときもらった寄せ書きには
「さちさんが殴りこんでこないと思うと寂しい」とか「毒キャラでキョーレツ」とか「(年上に)貫禄ある」とか「(30代から)お局」(当時、20代前半)とか。

そんなことを知っている友人だから、どんなふうに振るえばよいのやら。
でも、受付が混雑し始め、このままいけば勢いに任せて普通に案内できる! って思ってたのに。
なぜか人が引いた後に来やがり来ていただきました。
バツが悪いったらありゃしない!

という私の心とは裏腹に、(飛行機が飛ばずに先生が遅れるハプニングがあったものの、)大盛況のまま体験講座が終了。
今回の講座も、大成功だったと思います。
やっぱり、初めての講座ということや、「無理矢理講座に来させられるんじゃないか」なんて不安感があるので、皆さん緊張されてらっしゃるんですが。
最近は、その緊張も早めに解け、リラックスしたムードで講座を進められることが多い気がする。

講座終了後は、質問受けたり片付けたりでやっぱり慌しい。
で、今回は、今までボランティアのとりまとめをされていた方が辞められるということで、送別会。

natupleさんには、ホントお世話になりました。
右も左も分からない私に、いろんなこと教えていただいたし。
とても安心できる雰囲気の持ち主で、一緒にいるだけで安心できるんですよー。
でも、すっごく大変なはずのボランティアの取りまとめも、大変な面を見せずにやってらっしゃいました。
感謝、感謝です。

実は、本日初めて、途中まで一緒に帰りました。
今まで、いろいろタイミングが合わなくって。
一緒に帰れたのも、いい思い出だな。

ご主人とお幸せにね。
落ち着いたら、また是非、東京校に遊びに来てくださいね~。

今日の天気は台風一過。
私の一日も、嵐(講座)が過ぎ、さわやかな気分になった台風一過だったなぁ。

| | Comments (0)

愛とごま油

今日の~ランチは~(すっげー面倒なので)ラーメン~♪

隠し味はごま油!!

以前、どこかで読んだか聞いたかした話。
自宅でラーメン作るとき、最後にごま油を入れると風味が出て良いんだとか。
ごま油好きってこともあってか、入れた後のほうがいい感じに。

ってことで、それ以降、ラーメンの隠し味は「愛」と「ごま油」に。
作ったの、私一人分だけどねー。

って、これでいいのか、わたしの食生活。

| | Comments (6)

愛とケチャップ

今日の~ランチは~(面倒なので)焼きそば~♪

隠し味はケチャップ!!

焼きそば買うと、粉末ソースってついてるじゃない?
アレ全部入れると、薬品臭いというか、味がきついというか。
ということで、粉末ソース1:家にあるソース1で作ってたんですよ。

でも、やっぱり味がピンとこなくて。

あるとき、出来心でケチャップを少し入れてみました。
(ソースって、野菜からできてるんだよなぁ。ケチャップはトマト・・・
 ・・・ん?!
 って発想で。)

最初食べるのは勇気いったけど、食べてみると意外にいける!

ってことで、それ以降、焼きそばの隠し味は「愛」と「ケチャップ」に。
作ったの、私一人分だけどねー。


| | Comments (0)

火傷

ショートパンツという格好でフライパンで揚げ物をしていたら・・・。
油が左太ももに思いっきりはねました(>_<)

おかげで、太もも一部が火傷。
しかも、油のあとがはっきり残ってる・・・

たまたま、ラベンダーの精油でスプレーを作ってあったので、火傷部位に大量にスプレーしときました。

昔、学者が研究室で火傷を負った。
で、急いで冷やさなきゃってことで、研究室にあった液体に急いで患部を浸しました。
実はその液体、ラベンダーの精油だったわけですが。
その後、患部は驚くべき速さで治っていきました。
そこから、アロマテラピーの研究が始まっていったんですねー。
ちょっとしたトリビア。

ラベンダーが効いたかどうかは分かりませんが、痛みはすぐひきました。
お風呂に入ってもほとんどしみなかった。

ただ、肌に思いっきり油の痕が残っちゃってます。
コレ、ちゃんと取れるかなぁ。心配。
このままじゃお嫁に行けない~ <ぉぃ

| | Comments (1)

自分の幸せのために・・・

「自分の幸せのために他人が不幸になることもある」

自分が幸せになって、他人が不幸になることもある。
自分も他人も、幸せになることだってある。

自分の幸せの追求はもちろん大事だけど、その幸せについて、たまには立ち止まって考える必要があるのかもね。

| | Comments (0)

ジャスコ

先週、浜松に帰ってきたわけですが。
風の噂に聞く、浜松市志都呂にNewOpenしたジャスコに、母・夫・私の三人で出かけてきたのですよ。
広さはかなりのものだが・・・。
生活の木が入っているあたり、私好みではあるのですが。

特に食べ物屋が、「東京にあって浜松にない店を持ってきましたー」って感じで、東京で生活している人にはかなり魅力が薄~くなっているような。
地域密着型スーパーなので特に問題はないと思うけど、里帰りの人や花博いった人が立ち寄るにはまぁまぁな雰囲気でした。

| | Comments (0)

のぞみ自由席

3連休最終日の のぞみ自由席、乗るものじゃないね。
帰省ラッシュかと思いました、マジで。

でもまぁ、新大阪では運良く座ることができ、新大阪-名古屋 までは爆酔。
星空ワークのせいで、1.5hしか寝てなかったからね(^_^;)

私も夫も名古屋で起きたため、そこから東京駅までは、今回のツアーについて色々話しました。

で、感じたのが「人の縁」。
私、そんなに知り合い多いほうではないのだけれど。
夫が2人でワークした相手が知っている人だったり。

最近、夫は新しい人と出会うことにストレス感じてる中、無理矢理ツアーに参加させてしまったわけですが。
最終日、夫が「人と出会うのも悪くない」と思うようになるきっかけを与えてくれた一人が、やはり知り合いで。
人と人が出会うのって、やっぱり縁だったりするんだろうな。
きっと、たとえそれが嫌いな人であっても。

もうひとつ、新幹線の中で思ったこと。

思春期の頃って、「真の友達とは」とかそういったことを深く考えてみたりしたけれど。
当時は、ホントの友情であれば、その友達とは一生付き合っていくものだと思っていたけれど。
一瞬だけ心を通わせて、その後会うことがなかったとしても、「そこにあった友情は本物だ」と思えるようになった。

帰ってからは、また「日常」に戻るわけだけれど。
今回のツアーで、少しでも進歩していることを祈る。
がんばれ、私。

| | Comments (0)

最後の晩餐(昼だけど)

残念ながら、楽しかったアイランドツアー@母と子の島生活も終了を迎える時が。

最後の昼食を食堂でとっていたところ、H先生が近くを通りかかり、一緒に食べることに。
一緒にご飯を食べていたMさん、私、先生と3人横に並ぶ形になったんだけど、ふと「不思議だな」と思った。

というのも、つい2週間ほど前、H先生が講座を担当し、講座後に私が本の販売をしていて。
そのとき、MさんがH先生の本を買っていかれたのですよ。
本販売が完了した時、財布の忘れ物があるのに気づき、確認したらMさんのものと判明。
で、自由が丘駅に向かって歩くMさんを追いかけて財布を届けたことがあったんですが。

毎月70名ほどの人間が新しく講座に入ってくるし、H先生が講座を担当する機会は多くない。
Mさんとも知り合いではなかったけれど、160名参加する今回のツアーで同じロッジになって仲良くなり。
そのときの3名が、横並びに座っている。
誰もが感動する奇跡、というわけではないけど、これもかなりありえないことだなー、と。

先生とも色々なお話をしたんですが、先生が他の人に仰った「やろうかどうか迷っていることがあったら、やったらいい」って言葉が私のストライクゾーンに。
アロマ検定、迷ってたところだったからね。
先生と話が出来てよかったー。

| | Comments (0)

カヤック

生まれて初めてのカヤック体験。
気持ちよかったよー!

山の上から、誰かが「やっほー」って言うのが聞こえたから精一杯、「やっほー」と叫び返した。
私以外でも、海にいる人は結構叫び返してたな。
そしたら、山のほうから「やっほー」って返事。

「やっほー」しか言ってないのに、なんだか会話しているみたいで面白かった。

海の上は、陸の上と音の聞こえ方が違う。
そして、波のゆれが直接カヤックに伝わってきもちいい。
同じくカヤックをやっている仲間(でも、話したことない人)なんかとのんびり話す時間も心地いい。

時間がなくて沖のほうまで出れなかったのが残念だったので、来年リベンジしたいな。


040920_1101.jpg

| | Comments (0)

満天の星空の下 砂浜編

夜も9時を過ぎれば、各自フリータイムで適宜寝ればいいのですが、やっぱり「飲み」が自然発生するわけで。
最終日なので飲みに参加。

同室のセンセイはカイロプラクティックの施術。
自由時間でも施術されている姿勢には頭が上がりません。
で、なぜかマネージャーのようなことをしながら、飲み会の席でまったり語ったりしながら過ごしました。

まったりしていると、海の方から「“うみほたる”見れる」との情報が。
一瞬、東京湾に浮かぶアレを思い浮かべましたが、生物の方らしいので見に行くことに。

はじめて見ました、うみほたる(生物)
細かい光の粒が大量にキラキラしている景色には感動。
自然って、ほんとすごいね。

そんなこんなであっという間に時間が過ぎてしまい、AM4:00に・・・(!
あぁ、そろそろ寝なきゃヤバイなー、なんて思っているのに。

またもや海のほうから“E先生が特別ワークをする”との情報が。
この先生、協会の代表者なのです。
そんな先生の特別ワークを逃せるわけもなく。
砂浜でワークしました。

砂浜で寝転んで、満天の星空を見ながら、いろんな思いを馳せていく。
あぁ、冬でもないのにオリオンが見える。
今期に始めてみたオリオンは、今期で一番キレイなオリオンだった。
コンクリートジャングルに生きていると、今の豊かな気持ちは心から離れてしまうけれど。
それでも、たまには思い出そう。
そして、自分のずっとずーっと先の子孫もこの星空を、豊かな気持ちで見れるような世界であると良いな。

そんなことを考えながらも、時間は過ぎてワークは終わる。
この星空を見れなくなるのは悔しいなー、なんて思いながら砂浜を去ろうとしたんですが。
半分は砂浜で寝ちゃってました。
皆が幸せであることは祈るけど、この人達は放っておくことに決定(ぉぃ

| | Comments (0)

満天の星空の下 芝生編

夜といえばやっぱり仮装。

・・・ということで、2日目夜は、仮装して、踊って。
いろんな仮装があって面白かった~

結構みんな、力はいってる。
どこかで買ってきた人、自分で作った人、奥さんに作ってもらった人。
私は、ドンキホーテで買ったKittyの着ぐるみ。
水着や着ぐるみ、看護婦、天使etc
一番人気は「冬ソナ」かな。
冬ソナって、洋服によっては仮装できたのね。それにも驚き。

皆で思いっきり踊って楽しんで、芝生の上に転がれば、満天の星空。
普段コンクリートに囲まれ、自然の少ない世界にいるけれど。
人間も自然の一部なんだよね。

| | Comments (0)

カイロとアロマ

特別講師の方2名のお話を聞いた。

1つめはカイロプラクティックのセンセイのお話。
同じロッジで過ごしてる方です。

前日から「すごく緊張している」だなんて言ってたけど、とっても面白くて、みんな引き込まれてたよ。
11月に、もう一回、センセイの話を聞く機会があるんだけど、本当に楽しみになった。

ストレスが骨のゆがみの原因になり、体調がわるくなる事があるなんて。。。
ぎっくり腰の話も良かった。
センセイの言った「体は、自分にバチを与えることは絶対にしない」って言葉、印象に残りました。

カイロプラクティック、是非1度受けさせていただきたいと思います!


2講座目はアロマテラピーのセンセイのお話。
アロマ検定を受けてみようかと迷ってるくらいは興味があるので、今回のお話は知ってることの復習も多かったかな。
でもでも、やっぱりその道でやっている方のお話は面白い。第一線でやっているかただからこその内容だったし、先生はほんとにアロマが好きなんだなー、ってことが伝わってきた。

先生のつくったブレンドオイルをちょっと手に塗ったんだけど、いい香り。
ブレンドする際、例えば柑橘系を加えるにしても、「根」「花」「実」など、植物全体の香りを加えるように心がけたのだとか。

講座が終わったあと、ちょっとお話を聞く機会があったんですが、そのお話も大変興味深かった。
やっぱり、こちらの先生からも、1回だけ講座を受ける予定がある。こっちも楽しみ。


| | Comments (0)

バンド

夜はメンタルバンドのコンサート。
曲は・・・知ってる歌と知らない歌、半々くらいでしたがよかった。
三味線まで出てくるとは思わなかったけど、味が出てホント、最高。

アンコール準備中に講師がした話で、「生きてるだけですごい」って言葉がとても印象に残りました。

最近、心の中で漠然と感じていたけどうまく言葉にできなかったことが、ぴったり来た感じ。

「今よりもっとよくならなきゃ」「もっとがんばらなきゃ」なんてがんばっているけど、傍からみていて危うい印象を受けることがある。ガラス細工みたいに、もろくて(その人が)壊れてしまいそうな印象。
よくならなきゃ、よくならなきゃって自分を追い込んでるけど、生きてるだけでもすごいことなんだよね。

最近、若い人が犯す殺人がワイドショーで取り上げるたびに、コメンテーターは「命の大切さを教えないと」なんて言ってるけど、命の大切さを教える方法は出てこないよね。言ってる本人だって、教える方法なんて分かってないんじゃないかな。
でもね、「生きてるだけですごい」ってことが分かれば、それが命の大切さになるんじゃないかな、なんて思った。

ってことで、バンドの曲よりそんなことのほうが印象に残ってしまいました。
ゴメンナサイ~(-_-;)


| | Comments (0)

顔合わせ

母と子の島に着いたら、今回アイランドツアー中、同室となる人と顔合わせ。
私の泊まるA7のロッジには、10名が宿泊するらしい。

初の顔合わせは緊張ですが、みんなイイ人そう。ちょっと安心。
特別講師の方まで同室だったのには驚きでした~

海を皆で見て、話し合いなんてことも同室メンバーでしたんですが。
最初に話を切り出したTさんのおかげで、とってもいい雰囲気になることができました。
Tさんはマジで尊敬。
他の方もみんなとってもいい方達で、今回の部屋になれたこと、心から感謝します。
センセイ、神様ありがとう。

でもね。
ロッジが食堂や活動場所から一番遠いのですよ。
階段上る疲労といったら、もう、冗談じゃすまないのですよ。
近い人はホントに近いのに。
部屋は広いのに。

そういえば、小学校でやった林間学校でも、一番遠い部屋にされたなー、なんて関係ないこと思い出しちゃったりして。
運動不足解消になるかなー、なんて自分を騙し前向きに考えながら登山ロッジに向かう今日この頃。

| | Comments (0)

アイランドツアー

兵庫県の母と子の島に向かうため、前日から姫路に宿泊。
2泊3日の旅を楽しみにしていたのですが・・・。

前日の夜、激しい雷が。
一抹の不安。

雨具はレインコートしか用意してなかったんですが、昨夜の雷や雲行きから、コンビニで傘を購入して姫路港に向かうことにしました。
夫がジャンプを立ち読みする中、折りたたみ傘を捜していると、アイランド参加者らしき女性が・・・。
思わず声を掛けちゃいました。

で、3人でタクシーで姫路港へ。
バスは、かなり混みそうだったからね~

| | Comments (0)

姫路

実家に帰ってましたが、そのまま姫路に来ました
ちょっと姫路城に寄る。
時間ないから、外からながめただけだけど。040917_2343.jpg

| | Comments (0)

クレームはチャンス

昔勤めてた職場は、会社と顧客の窓口となる部署。
で、「クレームこそリピーター獲得のチャンス」「クレームは真摯に」なんてよく上から言われてたなー。

確かに、クレームに対して真摯・丁寧に対応すれば、顧客の心をつかめることもある。
でもね、最近聞いた話だと、クレームがチャンスである意味はそれだけではなかった。

「クレームという危機の対応次第で、従業員が上司や経営者を見る目が変わる」

という意図も含まれる。

以前働いてたところでは、ここが足りなかった・・・
どんなに現場ががんばっても、現場で出来ることは限られる。
そこでもし、上司や経営者が真摯に対応できなければ・・・ 顧客は、現場(窓口)レベルでの対応では満足できないかもしれない。<クレームの場合、そういう案件も多いよね
会社と顧客の間に立たされ、顧客が納得できない状態であることがわかりながらもひたすら謝罪することしかできない窓口。

ここでは具体的に書けないけど、本当にひどいことなんかいっぱいあったよ。
お金に関するミスを、同じ人に4ヶ月連続で繰り返したりして。
私達はクレームの矢面に立ってて、ミスしたところはしらんぷり。

そういうところでも、「クレームは真摯に」って言われてた。
会社のTOPは、「顧客本位」のサービスを謳ってる。しかも、一部で評価されてるみたい。

でもね、「クレームはチャンス」だなんて言っている上層部が一番、クレームを活かしきれてないんじゃないかな。
会社にとって「人材」は、唯一、お金をかけなくても伸ばすことができ、未知の可能性を秘めている資源なんだから。


| | Comments (2)

のだめカンタービレ 10巻

本日、吉祥寺で「のだめカンタービレ 10巻」購入。
とりあえず3回通り読んで、「コマンタレブー」という単語がMyブームに。

いやぁ、カフェでのフランス語練習がよかったよ。
声出して笑ってたから、旦那は気持ち悪かっただろうなー
早く次の巻がでないかなー<ぉぃ

| | Comments (0)

彼岸花

最近、夜は涼しくなってきたなーなって思ってたら。
咲いてましたよ、彼岸花。
秋だなー、なんて感慨にふけってました。

でもね、私、彼岸花ってあんまり好きじゃないんですよ。
花の形や、緑の中で映える赤い色を見ると、なんだかちょっと落ち着かない。
どこか、そら恐ろしさや不気味さも感じてしまうんだよね。
「死人花」 「幽霊花」なんて言っていた昔の人も、そんなことを思ってたのかなー、なんて考えてみた今日この頃。

| | Comments (0)

生活の木 表参道店

久しぶりに茅ヶ崎の友達と会うことになり、二人で渋谷~原宿界隈を闊歩してきた。

で、前々から行きたかった「生活の木 原宿表参道店」へ行く。
ここはですねぇ、2階にお茶できる場所がありまして。
でアロマに関する書籍をお茶視ながら自由に読めるわけですよ。
アロマテラピー検定(1級・2級)の公式テキストも読めちゃったりします。

平日昼でも、少しは人がいるかと思いきや・・・
私達の貸切状態でした。
ハーブティーを飲みながらゆっくり読書って幸せかも。

ただ、アロマテラピー検定1級の本見て、ちょっと検定に対して自信なくしました(-_-;)
1級のみで受けようかとも思ってたんだけど、大丈夫かなぁ?
しかも、音楽とハーブティーの香りが相まって、テキスト読んでたら眠くなっちゃった(^_^;)

| | Comments (2)

真の英会話

数時間前までは、「英語を話せ」と急に言われたら
「アイ アム ア ペン」
と真顔で答えてしまうであろう。

でも、少なくとも今は、「話せる」と思ってる。

今日は、いつものゼミに、外部講師として「本城武則」さんがいらっしゃった。
で、英会話について色々話を聞くことができた。
目から鱗が30枚くらい落ちたよ。
で、今は、英語を話せる気分でいる。

家に帰ってから講座の話を旦那様にしたら、彼も「英語話せるかも」って思ったみたい。
私のつたない説明でこの威力にはビックリした。

もし、本気で英語をしゃべれるようになりたい、って思ってる人がいたら。
本城式英会話について知っておいて欲しい。
 注)初心者限定。既に話せる方は別。

今までは、本城式英会話は福岡でしか教えてなかったんだけど、これから東京・大阪でも教室始めていくみたい。
私は、本当にさわりしか聞いてないけど、英会話に対しての認識が180度変わりました。
も出してらっしゃいます。
興味があれば、こちらを読んで頂くのもよろしいかと。
ホームページもあります。

| | Comments (0)

自然災害

地震が起き台風は接近火山は噴火

いろんな自然災害が発生して、どれに注目していいのやら(^_^;)
先日は雷あったし。

来週実家に帰って父に会うため、ここ2週間の間で「地震・雷・火事・親父」の「火事」意外は遭遇することに。
噴火って、火事とちょっとイメージかぶるけど。

| | Comments (0)

よく分からない天気

曇ったり、晴れたり。
ホント、よく分からない天気だなー。
洗濯物干したまま出かけて良いのかどうか微妙だよ。

といいつつ、干しっぱなしで出かけます。
雨降らないことを祈りつつ・・・。

| | Comments (0)

恥ずかしい,,,

今日の講座は思った以上に忙しかった・・・。
その上、近くのコンビニに、450枚のコピーを取りに行くことになってしまって。

でも、外に出ると、涼しい夜風が気持ちいい。
自由が丘の夜を楽しむように歩いていたら。


左胸の部分。
「内○」という名札が堂々と・・・


そう、講座中にしている名札をつけたまま、自由が丘を闊歩していたことに気づく。
気まずい~


| | Comments (0)

9月1日と言えば…

・防災の日
・新学期
・自衛隊にいる友達の誕生日(いかつい体型の乙女座、戦車乗り)

が思い浮かぶと思いますが。

3つめは違いますか。そうですか。

まぁ、「ハリーポッター新刊の発売日」でもあります。
吉祥寺では朝5:30から売り出してたり。中央線の隣の席の人も読んでました。

でもね、私的には別の意味で気になる日だったのですよ。
それは「アロマテラピー検定」の申し込み日。
興味と時間はあるので、受けてみたい気もする。
でも、資格が必要だとか、そういったことではない。アロマは、ただなんとなく「好き」なだけ。
趣味、って言える域にも至ってないしね。

ちょっと、悩み中。

| | Comments (0)

ポイントカード

ハーゲンダッツの「スーパープレミアムクラブエントリーカード」というポイントカードの有効期限が9/3に迫ってます。
我が家では「ゴールド会員」になるためポイント収集中なのですが、あと2000円分が足りない・・・。
でも、私一人で集めるにはキツイ…。

ということで、友人一人を新宿に招待し(現地集合)、ハーゲンダッツをおごることにした。
その名も「おごって集めて痛み分け?」作戦。

いや、名前をつける必要ないんだけど。
考える程度の時間はあるので・・・。図書館から借りた本、全然読めてないけど。

んまぁ、近況報告兼ねてね。

結局、食事をおごってもらい、私のほうが得してる。損してないのでそれで良しとする。

それにしても、皆さん、大変なようで。
同い年のこだったんだけど、20代も半ば~後半にかけては、色々な悩みがつきまとうのかなとも思った。
おんなじような事で悩んだり、状況が違ったりだけど、こうして話や愚痴なんかを言い合えるのはいい事だよね。

| | Comments (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »