« March 2004 | Main | May 2004 »

里帰り

27日まで北海道にいたのに、29日には帰郷。
実家の方では、「浜名湖花博」開催中。
正直、あまり人は集まらないんじゃないかと思っていましたが、ガーデニングブームにもマッチしたおかげか、おもったより盛況の模様。といっても、私はまだ行っていません。行く予定もなし。

GW中、浜松では「浜松祭り」が開催されております。(5/3~5/5)
花博に来る人の中には、祭りなんてことを知らずに来る人も多いんじゃないかな。
祭り中は、道路は交通規制されてたりするし、バスや電車は混むだろうし、祭りが開催されていると知らない人はびっくりだろうなぁと思う。祭りも見れて「ラッキー」と思うか、混雑などで「アンラッキー」と思うかは人それぞれだろうけど。

でもまぁ、市街地での夜の祭りはきれいだから、それを見れればラッキーなのかな?

ちなみに、浜松には5/5まで滞在してまーす。
職場にうなぎパイを買う必要が無いのが楽でいい。

|

帰宅。

27日に北海道から帰ってきたわけですが。
強風により、予定していた飛行機が飛ぶかわからず、一便前の飛行機に乗せられてしまいました(T_T)
おかげで、空港でお土産を買う時間がなくなってしまいました。
一応、一通りは買ってあったので事なきを得ましたが、ちょっと残念

教訓:大事な土産は早めに買うべし

|

小樽

とっぴーの寿司は安ウマでした。

さよなら小樽。
また(とっぴーでも食べに)くるよ。

↓いちおう小樽040426_1552.jpg

|

富良野の空

富良野の空は広かった。

人間、悩むことはあるけど、こんな大自然の中にいたら「ノイローゼ」にはならなそう。


実は、昨日の写真だったりする
040426_1157.jpg

|

銀河の滝を撮る夫、を撮る私。

なんとなく、悪戯心で。

ちなみに吹雪。
まさか、最高気温が30度近い所から、ふぶいているところに来るとは思わなかった。
寒いよ(>_<)040424_1808.jpg

|

二日目 摩周湖

実は、昨日も行ってます。今回、一番行きたかったとこなので、二日目間通える所に宿取りました<屈斜路プリンスホテル

霧っぽいのが見え隠れしていたけど、二日ともみることができました。ラッキー。日頃の行いのお陰ね。間違いない。040424_223300.jpg

|

22日宿泊先

屈斜路プリンス。
ホテルの窓から屈斜路湖が見えます。露天風呂も気持ちいい。
白鳥が餌付けされてるらしく、いつも窓から見える位置にいる。

野性の鹿や狐もいるし、道東も気持ちがいいね。040424_223100.jpg

|

4/23 阿寒湖畔

湖、凍ってました(>_<)040424_1812.jpg

|

北海道までカウントダウン

先週、休日出勤の夫を残して軽井沢に遊びに行ったわけですが。
別に夫を放っておくわけではありません。(断言)
23日から4泊5日、夫婦で北海道旅行に行ってまいります。

23日は朝早い飛行機で行くので、22日に川崎のホテルに泊まる予定。
夫は22日から休みを取っております。

本当は5月末以降の北海道が良かったのですが、夫の仕事の都合上、この時期に。
本来、結婚してからすぐに(会社に)旅行の休みを申請しなきゃいけなかったんですが、諸事情により延びに延び。
これ以上延ばすのはちょっと厳しいのです。

22日には川崎に向かうため、今日、買い物を含む支度を済ませました。
今から楽しみ。

とはいえ、22日、私は友達とスイーツフォレスト&心理学の手伝いがあり、夫にチェックインなどを任すのでした。
・・・愚妻から脱却するのはいつの日か・・・

|

骨伝導の携帯電話って・・・

今更な感はあるけど、以前からCMしているAUの骨伝導携帯。
うるさいところでも話せるらしいんだけど。

相手あっての電話でしょ?
うるさい場所で相手の声が聞こえるとして、こっちが話す言葉は聞き取りづらいままなのでは??
そしたら、やっぱりうるさい場所は話しづらい場所のままなんじゃ??

仮に、自分も相手も骨伝導スピーカーだったとして、こっちの雑音(うるさい音)自体が相手に骨伝導で伝わったら、やっぱり声は聞き取りづらいままなんじゃ?

すっごく疑問に思う今日この頃。
周りで誰か使っていたら、真実を確かめてみたいなぁ。

|

軽井沢 2日目

軽井沢2日目。
昨夜はお風呂は行った後にもかなり汗をかいたため(←カラオケと手品のせい)、朝食後に朝風呂。
ちなみに、以前の会社の保養所に行ったのですが、保養所のくせに施設もいいし、食事もいいし。
嬉しいような、(お金かけすぎと)腹立つような。ちょっと複雑。

10時にチェックアウトし、昨日も行ったアウトレットモールに寄ってから帰りました。
帰りの車は比較的静かでした。さすがに、あのテンションはもたなかったらしい。

一緒に旅行に行くのは初めてだった人もいたし、かなり楽しい旅でした。
ただ、入籍してから初の旅行が、夫ではなく友人とのこの旅行でした。。。
しかも、土曜、夫は休日出勤だった。
・・・愚妻でゴメンナサイ・・・

|

軽井沢

以前の職場の友達と、軽井沢1泊2日旅行に。
10時半に五反田で待ち合わせをし、車で出発。

以前は毎日のように顔をあわせていた仲間なんだけど、最近は大勢で集まることもそんなになく(飲み会は比較的あるんだけど)、あのテンションを忘れていた。。。

もう、行きの車の中でのテンションがおかしかった・・・
行きだけで、かなりの体力消耗しました。カロリーでいうと、3日分くらいは減っているのでは?(やせてないけど)
車の外にも笑い声が漏れていたのかも、と思うくらい。
内容はとってもくだらないこと。
「世にも奇妙な物語」の話や、尾崎の話など。
なぜここまで笑えるのか。
二十ウン歳にして、箸が転がっただけで笑う。
・・・辛かった。

現地に着いたら、外に散歩に行く。
アウトレットモールが近くにあり、自転車借りれたため、自転車でアウトレットモールを目指すことに。
しかし。
正反対の方向に自転車を走らせていたため、10分くらいで着くところを1時間掛けてしまいました。
後日車で通ったとき、車でも結構な距離を感じた。←間違った道

夜のカラオケも「一発屋縛り」「光GENJI縛り」等、異様なテンション。
その後、友人の一人が披露した手品も怪しい盛り上がりを見せ。(正直、ネタかコントかと思うくらいおかしかった)

避暑地でのんびり、のつもりが、こんなに忙しい日はないくらいの疲労感でした。

|

催眠 ~リターン~

心理学のゼミで、再び「催眠」の講座が巡ってきました。

私の通っている心理学の講座は、初級が5週間、上級が8週間単位で、各講座を繰り返し行っている。

前回は受講生として通っていて、催眠の授業では痛い目(ここここ)にあったが、今はボランティアとして後ろから見守ってる。あれから二ヶ月経つのかぁ、なんて物思いにふけりながら。
再受講の制度もあるので、再受講しておんなじ授業を生徒として受けることはできるんだけど、流石に二回目以降となると、催眠をかけてもらうには気が引ける。ということで、再受講は選ばなかった。

しかぁし。
実は今、夫も同じ講座に二ヶ月遅れで通っている。今回は催眠「初」。
彼は私のブログを見ているから、講座のカラクリは分かっているはず。
夫に夢を託す。

いつもは仕事の都合上、遅刻が多い夫であったが、今日は早めに受付を済ませ、前のほうの席をとる。
いい傾向だ。

肝心の催眠をかけている間、私は別室で雑用をしていたため講座の様子は見ることができなかったが、きっと夫は上手くやっているだろう。

講座が終わったあと、夫と一緒に食事をした。
で、講座について聞いてみたところ・・・。

ヒューマンブリッジについては、夫の前の席の人が、大きな声をあげながら思いっきり手を挙げたため、びっくりした夫は手を挙げるタイミングを逃したという・・・
ぉぃぉぃ、と心の中で突っ込みながらも、女の人のほうが指名される確率が高いため諦める(?)
(どうしても女性の方がインパクトが強いので。やはり、指名されたのは女性のみとのこと)

でもまぁ、体重の増減については確率1/2だし、夫はカラクリ知ってるし、と思ったら、なんとコイツ、私と同じ「持ち上げられる側」に回っていたという・・・(T_T)
彼曰く、「お前のブログは読んでたけど、どんな内容か忘れてた」

・・・
あんなに力入れて書いた記事なのに。
記事だけじゃなくて、夫には悔しさを直接語っていたのに。

結局、夫に託した夢も塵と消えたのでした・・・
夫婦揃っておんなじことしなくたって・・・


|

般若心経

ある日の夫婦の会話
私「般若心経の本が欲しい」
夫「?!」
どうも夫を驚かせてしまったようです。
そりゃそうだ、心理学を勉強して、次が般若心経。下手な宗教に嵌っては、と心配するのも当然かと。

般若心経でお釈迦様の考え方を知りたいだけだということ、
般若心経には宗教というより生き方・道徳的なことが書かれていると考えていること、
心理カウンセラーとして25歳の私が言うことよりお釈迦様の言葉を引用した方が時に厚みが出ること、
宗教家が出した本ではなくて学者等が書いている本を探していること
などを説明した。

切り出したとき、明らかに‘訝しんでいる’オーラが出ていたので一瞬むっとしましたが、先にも述べたように至極当然のことだと思い直しました。
よくよく考えれば、疑われることはありがたいことだと思う。
お互いがお互いを見張っていけるから、どちらか片方が変な方向に走ってしまう危険性は少ない。
相手の意見を聞くことで、一人よりは世間での考え方やバランスについて見えてくる。
訝しんでくれてありがとう。

また別の夫婦の会話
私「絵本書きたい」
夫「??!!」

・・・もしかしたら、私の言動に問題があるだけなのかもしれない。

|

森永「おいしい牛乳」のCM

森永「おいしい牛乳」のCM、あんまり好きじゃありません。
CMによると、試飲会で1000人中995人が「おいしい」と答えたそうですが。
なんか、胡散臭い。

美味しい牛乳といえば、私はたまに木次の牛乳飲んでます。1リットル 300円とちょっと高めですが、おいしいと思います。でも、万人がおいしいと感じるとは思っていません。

解散寸前の森内閣でも、支持率7%ありました。
ハワイで潜水艦と水産高校実習船が激突してもゴルフを続けたり、あれだけ批判された森内閣でさえ支持率7%。
普通の牛乳と同じ値段の牛乳で 99.5%がおいしい、ってどうなんでしょう。

もしかして、アンケート項目が「とてもおいしい」「ややおいしい」「おいしい」「とてもまずい」だったんじゃ、って思ってしまう今日この頃。

|

前進DAY

以前から「プラン決めて予約しなきゃ」と思っていた北海道旅行、やっと予約しました。
4泊5日で、道東~道央を廻ってくる予定です。決まってよかった~

GWに実家に帰るための切符も予約してきました。北海道旅行を予約するまで控えていたので、やっとという感じ。これ以上遅くなると、希望の日時に取れないかもしれないからね。ちょっとヒヤヒヤしてました。

うーん、今日は気になっていたことが結構片付いて良かった、と思っていたら、某引越し会社から夫に連絡もあったらしい。

実は、今の家に引っ越した際、自作PCが動かなくなってしまいました。(昨年12月の出来事)
本来は修理代を引越し会社が負担することになるんですが、自作PCでありメーカーに修理を依頼できないこと、壊れたパーツが古い型で既に製造しておらず、且つ、修理も受け付けてないという八方塞りな状態。
こういうパターンは引越し会社でも初だったらしく、なかなか話が進まない状態でした。
で、やっと、対応が決定。こちらも提案を受けようと思ってます。

心理学の終了レポートや終了式も終わったし、身の回りのことがちょっと片付いた感じ。

|

×不良妻

前の職場の飲み会に呼ばれました。
以前の職場は結構みんな仲がよく、職場と言うよりは大学のサークルのノリに近い感じ。(仕事はこなしてる)
心理学の講座のお手伝いは断って、飲み会に参加してきました。

料理もまぁまぁ美味しかったし満足。
二次会(?)にも参加したため、帰宅は午前様確実に。
「今日も午前様か~」なんてつぶやいてたら、友達に「不良妻」と言われました。

でもでも。私は「愚妻」だけど「不良妻」ではないと思ってます。定義は?とか違いは?なんて聞かれると困るんですが。
専業主婦なのに、毎週帰りが遅くてご飯作れない日があったりしますが、これはボランティアで遊びに行ってるわけではないし。だから、「不良」ではない、と勝手に思ってる。
しかし。よく考えたら、これは夫が決めることであって、私が決めることではないような。
やりたいことを快くやらせてくれてる夫には感謝してます。ほんとに。

飲み会で、潮干狩りに誘われました。潮干狩りなんて、10年以上行っていないし、すごく心惹かれました。しかし、その日は心理学の終了式が・・・。
泣く泣く、丁重にお断りしました。(ノ_<。)

|

季節外れの卒業式

本日、心理学講座の終了式に出席してきました。
本当は、卒業式ではなく終了式です、はい。でも、終了証書を手渡しするのが目的なわけで、卒業式と変わりない。
前も書いたとおり、目黒は雅叙園。
140名以上参加しての大パーティーでした。

どうせお金取られるなら、料理をいっぱい食べたかったんですけど。昼食をおなかいっぱい食べてしまい、そんなにはいただけませんでした┐( -"-)┌
まぁ、美味しいエビチリ食べれたんで良しとしますが。

流石に、終了証を受け取った時には感動しました。先生が一人一人に手渡してくれて。140名もいると大変だとは思うんですが、先生は一人一人の目を見て、丁寧に渡していらっしゃいました。全員に握手もしてました。ホント、先生のそういうところはすごいと思う。学校の卒業式なんて、形式だけだったなぁ。
色々な方から名紙をいただいたんですが、専業主婦の私はもらう一方。ちょっと申し訳ない気持ち。

雅叙園は着席でのパーティーで、違うテーブルの方とはあまりお話できませんでした。
ということで、二次会にも行ってきました。
会場は六本木のLovenet。
お料理も結構出てきたんですが、すでに雅叙園でも食べてきていてあまり食は進みませんでした。もったいない。

なんだかんだで、本日も午前様。旦那様、ごめんなさい。
でも、夫が終了式に出席する際、二次会まで言っても文句言わないので許してね。(夫も講座に通ってる)

さてさて、修了書を手にして、晴れて「心理カウンセラー」への道も開かれたわけですが。その道へ進むか進まないかはまだわかりません。でも、もっと勉強はしたいな。


04-04-11_00-29.jpg


|

美肌水

一般的に、皆さん、化粧水ってどの程度(いくらくらい)のものを使ってるんですかね。

私の持論だと、化粧水については「質より量」です。
高いものをケチって使うくらいなら、安いものをたっぷり使った方がいい。もちろん、いいものをたっぷり使えればそれはそれでいいと思うんですが。だから ~質“より” ~ ではなく、 ~質“よりは”~ です。

私は最近、美肌水を自分で作って使用してます。グリセリン 5ミリリットルと尿素50グラムを、水200ミリリットルに溶かして原液を作り、顔用は10倍に、ボディ用は5倍に薄めて使う。・・・と言いつつ、10倍に薄めたのを体中につけてます( ̄∇ ̄;)
原価は、原液1回作るのにつき54円程度。 10倍に薄めたら、2リットルで54円ですか・・・。実際にはミネラルウォーターで薄めてるので、プラス100~200円くらいしますが。 それでも、2リットルで300円切ってます。そりゃ遠慮なく使えるわ。

ちょっと乾燥してるなー、と思ったら、ティッシュで10分くらいパックすればかなり違います。
普段も、顔から滴り落ちるほどつけてます。というか、滴り落ちてます(`ー´)
で、たまにヒアルロンサンやコラーゲンを買ってきて混入。蜂蜜も殺菌作用や保湿効果があるので良いみたいです。マヌカって言う蜂蜜は、それ自体が薄めれば化粧水になるみたいです。(ミネラルやコラーゲンがいっぱいらしい)

つけ心地はやっぱり水っぽいんですが、朝起きてみると普通の化粧水つけたときと変らない。何のためらいもなくたっぷりつけたりパックできるからオイシイし、自分で作るのって贅沢な感じがします。

以前、美容関係の仕事をしていた友達から聞いたんですが、若いうちから栄養たっぷりの基礎化粧品を使うと、肌がなまけてしまい、かえって衰えてしまうらしいです。人間も肌も、甘やかしすぎはよくないって事でしょうか。
高い化粧品を使えないひがみじゃないです、多分。

| | Comments (0)

大人の心

私が小学生くらいの頃(十数年前)、ボーダーレス?というか“人類皆兄弟、世界は1つで国境なんか必要ない”みたいな考え方が結構あった。マスコミでも、そういった意見をよく取り上げていた。
そんなものなんだ、なんて思っていた時、海外で飛行機墜落事故が起こった。
その日、ニュースでアナウンサーが「乗客名簿に日本人の名前はなかった」事を伝えていた。
私は親に、「どうして、日本人が乗っているかどうかなんて言うの?」と聞くと、親は「言うのは当たり前よ」と言う。
“国なんて関係ない、地球人なんだから皆平等”ということであれば、その飛行機に日本人が乗っていようがアメリカ人が乗っていようが、平等に扱わなきゃいけないんじゃないかと子供心に思った。日本人を取り上げるっていうのは、やはり日本人と外国の人を区別しているからじゃん、って。

小学1年生の時、算数の時間に箱に入っているおはじきを数えた。
正方形の箱に、縦横それぞれ10列に正方形のおはじきが並んでいる。
私はまず、縦のおはじきを数えてみた。10個並んでいる。
そこで、ふと思って、次の列ではなく、横の列を数えてみた。
・・・それも10個並んでる。
そこで、私はすごいことに気づいてしまった。
 縦に10個、横に10個並んでいる。
 →10個の塊が10個あるってことだ
 →10の塊が10個あれば、100になる
 →じゃ、このおはじきは100個だ!!!

今なら当たり前なんだけど、当時はすごい大発見をした気分だった。
周りを見渡すと、みんな1つ1つ数えてる。
もしかして、私って、天才なんじゃ!!

私は急いで先生に答えを言いに行った。ほめてもらえる、と思って。
しかし、先生の口から出た言葉は、
「ずるしないで、ちゃんと数えなさい」
でした。

別に、マスコミが悪いとか、先生がヒドイとか言いたいわけじゃないです。
この先生は小学校2年まで担任でしたが、いい先生でした。私自身、先生運がよくって、ヒドイ先生が担任になったことはないです。神様に感謝するくらい。
ただ、子供心に、「大人の世界って何なの?」と思う出来事ではありました。
言っていることとやっていることに矛盾があったり、私の考え方を聞いてもらえず“ズル”で片付けられてしまったり。
子供だってバカじゃない。子供なりに考えたり感じたりしている。
子供と向き合うときにも、真摯でなきゃいけないなぁ、とちょっぴり?思う今日この頃。

| | Comments (0)

メンチカツ

久々、吉祥寺にあるサトウという店のメンチカツを購入することに。
吉祥寺では有名な行列店。吉祥寺で行列見たといえば、ほぼここでしょう。
売り切れの可能性もあるということで、18時から並びました。いつも(冬なら)は18時半頃になると行列が収まってくるんですが、今日はそうはいかなかった・・・。30分並んじゃいました。春だし、並ぶのにもいい季節になったんですかね。
想像以上に待たされたため、思わず12個購入してしまいました。夫と2人なのに。
全部食べるんじゃなく、8個は冷凍しました。並ぶのはなるべく少なくしたいし。
とはいえ、ちょっと買いすぎたかな。

ちなみに、サトウは松坂牛専門店のため、メンチカツに使用する肉は松坂牛のみだそうです。
1個150円ですが、5個以上買った場合は1個100円に。4つ買うより、5つ買った方が安上がり・・・。
2階には食事していけるところもあるんですが、そこにはまだ行ったことがありません。そのうち行ってみたいな。

| | Comments (2)

まだ桜

もう桜は終わってるだろうなー、なんて思いながら、吉祥寺へ行く途中に井の頭公園を通りました。
すると。
満開ではありませんでしたが、まだ咲いてました、桜。
で、携帯で写真を撮っていたのですが。

写真を撮りだすと、「もっと綺麗に撮りたい」「もっといい構図で撮りたい」なんて欲が出てきちゃうんですよね。家からデジカメ持ってくればよかった。
携帯でもある程度ズームや光の調節はできるんですが、やっぱりデジカメに比べると見劣りしてしまいます。

夫はカメラやオーディオについてはこだわり派で、デジカメ見に行くときも「光学3倍ズームは必須」とか譲れないものがあるようです。7年くらい前でしょうか、100万画素のデジカメ(携帯じゃなく!)が出たときも、なんだかんだで10万円ほどデジカメにつぎ込んでいて、冷たい目線を送っていたんですが。
 注)当時は結婚してなかったんで冷たい目線だけでした。今は・・・

ちょっとだけ、こだわりが分かった気がします。ちゃんと写真を撮ろうと思ったら、やはり光学3倍ズームは必須です。
素人だし、構図なんかも自己流ですが、携帯や光学ズームでないものだと、対象がぼやけちゃって納得いくものが撮れません。
ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、夫のこだわりを認めてもいいのかなぁ、と思いました。

思うだけですが。

04-04-06_16-07.jpg 040407_000100.jpg

| | Comments (0)

男の趣味

夫もブログを作っているのですが。
一応読んではいるものの、趣味の話となると分からない用語がバンバン出てきて。
まるで宇宙語のようです。 ┐(´~`;)┌

私としては、なんとなく家でCD聞くとちょっといい音かなー、とかそんな程度です。
むしろ、真空管アンプが2つあって、さらに他にもアンプがあったりで色々突っ込みたいんですが。突っ込んだところで、「これはCD用で、こっちはTV用で・・・」とか、「これはパワーアンプでこっちはプリメインアンプ・・・」とか語りだす。私はもう、「???」って状態です。
まぁ、男の人の趣味って、こんなもんなんでしょうね~。

でもまぁ、趣味があることはいいことだと思います。夫の金銭感覚も信頼していますし。
夫の趣味にパソコンの自作ってのもある(あった?)んですが、私がパソコンをいじるようになったのも夫がきっかけになってます。
金銭やスペースなんかの許容範囲でやっていくぶんには、お互いの趣味は尊重しあうのがいいかなぁとおもったりする今日この頃です。

| | Comments (0)

レポート完了

なんとか心理学のレポートが終了しました。期限が4月5日までだったので、ホントぎりぎりです( ̄∇ ̄;)

なんとか終了証には間に合ったのです。

が・・・

終了パーチーは目黒の雅叙園で行われるのです! 着ていくものがないΣ( ̄□ ̄;)!!
一難去って、また一難。
誰か助けて~(ノ_<。)

| | Comments (0)

竈(KAMADO)

麺喰王国に入っている竈(KAMADO)に行った。
私は薫玉チャーシューを、夫は薫玉チャーシューつけ麺をいただく。
普通味なので見た目よりはしつこくなく、おいしかったです。
つけ麺のピリ辛ゴマダレは、ピリ辛というよりは、あとから辛さがじわじわ来る感じかな。

ただ、私と夫は、縁やの方が好きです。縁やの方が空いてるし。
でもでも、次行ったときはぶっかけうどん「ふるいち」で食べてみたいなぁ。

| | Comments (0)

自由ヶ丘の夜桜

心理学の講座やら片付けやらで、夜10時頃まで自由ヶ丘にいました。 普段、この時間は人は少ないんですが、今日は桜のおかげか人が多かったです。気温もちょうどいいしね。 いつもは閉まってるオープンカフェまで営業してました。



040402_2311.jpg

| | Comments (0)

DQ5

最近ココログの更新が滞っていたのは、ゲームをやっていたからです。
やっていたゲームは「ドラゴンクエスト5」。といっても、PS2版じゃなくてスーパーファミコン版。
PS2は一応家にあるんだけど、ソフトが安くはないよね。しかも、旦那も私も“欲しい”って思ってるんで、買ってしまうとゲーム権争いが起きる予感。値段と家庭円満のため買ってません。

本日、隠しダンジョンをふくめ、スーパーファミコン版は無事クリアしました。

一度やったゲームではあったけれど、かなり昔だったので、ストーリもうろ覚え。結構楽しめました。
が。やっぱり、“もっときれいな画像(PS2)で見てみたい!!”と思ってしまうのでした。(T_T)

言葉はよくないですが、今見ると、スーパーファミコンの画像も「ショボく」見えてしまう。
ファミコンが主流で、スーパーファミコンがはじめて出回ったときには、とってもきれいな画像に見えたのに。漢字表示ができるなんて、本当にびっくりしていたのですが。
慣れというか、時代の流れというか、ちょっと切なさを感じてしまいました。

最近の若い子って、以前、ドラゴンクエスト発売日に学校休んで並んだり、挙句の果てに殺人まで起きてしまったことなんて知ってるんだろうか?
そんなことを考える私って、やっぱり歳をとったのだろうか??

※「最近の若い子」って言葉を使うこと自体が年取った証拠という説もあり。

| | Comments (0)

« March 2004 | Main | May 2004 »